はじめてのけん玉選び。けん玉の種類がたくさんありすぎて困る・・・。どのけん玉を選ぶべき?

Q:けん玉を購入したいんですが、種類がたくさんあってどんなけん玉がいいんでしょうか?

これ、けん玉指導などに行くとよく聞かれる質問です。

確かにいろいろな種類がでていてピンキリあってどんなけん玉を買えばいいか初めての人にはわかりませんよね。

 

ここではあくまでも一例ですが、けん玉の選び方について書いていきたいと思います。

 

1000円以下のけん玉はちょっと厳しい

1◯◯円ショップなどで売られているけん玉。

初めてけん玉をする人がまず最初に購入するのがこういった安いけん玉の場合が意外に多いんです。

大皿・小皿・中皿があって、けんがあればたしかにけん玉ですよね。

でも待って下さい。

そのけん玉、

お皿がやけに小さかったり、玉が「球」になっていなかったり、糸が長すぎたりしませんか?

こういったけん玉は技が決まりにくく、やっても楽しめません。

けん玉上級者にとっても技がやりにくくて楽しめないので避けることがほとんどです。

一般的に技がやりやすいけん玉は1000円台後半~のものがほとんどですので購入するときには注意しましょう。

 

日本国内のけん玉プレーヤーに人気のけん玉「大空」

今ではたくさんの種類が販売され、カラーや種類もバリエーション豊かになったけん玉ですが、昔からけん玉プレーヤーに人気のけん玉が大空。

 

 

 

だいたい2000円弱の価格で販売されることが多いようです。

スタンダードで使いやすいけん玉であればこちらがイチオシですね。

ただ、ある程度うまくなってくると1級の技「灯台」など玉にけんを乗せるなどの難しい技をやる必要がでてきます。

スタンダードなけん玉の場合、玉の塗装は比較的滑りやすいことが多いため、もう少しプレミアムなけん玉を使ってみると良いです。

 

大空プレミアムは塗装が滑らない

人気の「大空」にもプレミアムシリーズなるものがあり、最近のものは塗装が滑りにくくなっています。

灯台などのシビアな技もかなりやりやすい!

ある程度うまくなってきたらこちらのプレミアムなけん玉で練習してみるのも良いですね。

 

ストリート系など派手な技、シビアな技をやりたいなら

最近テレビなどでもよく目にする、けん玉をくるくる回したり非常に難しい技を決めたりしている、いわゆるストリート系のけん玉。

最近では海外製のけん玉もたくさん販売されており、技がやりやすいものが多いのが特徴です。

価格帯は3000円~が多いですが、スパイクといって玉をけんでさす技がやりやすいように工夫されていたり、最近のものはとてもよく作り込まれています。

ただ、日本けん玉協会の「級」や「段」の認定は受けられないのでご注意ください。(あくまでも日本けん玉協会の認定シールが貼られたもののみ)

 

けん玉協会認定ではないですが、国内でもとても使いやすいけん玉が最近では作られています。

手の小さいお子さんには

けんと玉が一回り小さく、お皿はそのままの「はじめてのけん玉」。

通常サイズのけん玉ではちょっと大きすぎるという小さなお子さん(保育園・幼稚園くらいまで)にはこちらがオススメです。

 

ヒザがあまり曲げられない、お皿にぜんぜん乗らない、とにかくまずお皿に乗る楽しさを知りたい人には

こちらは「大空」を作っている山形工房さんが出している「大晴(たいせい)」。

お皿がかなり深く、大きくなっているのでカポッとはまるようなイメージで玉がお皿に乗ります。

まずはこちらを利用してコツをつかんでみるのもひとつです。

 

ここで紹介したけん玉はごく一部

先にも触れましたが、現在ではけん玉を生産するメーカーがかなり増えているため、ここで紹介しているのはごく一部です。

紹介していない中にもたくさん良いけん玉がありますので、一度触れてみてはいかがでしょうか。

けん玉schoolでもけん玉は購入できますので欲しい方は練習会のときなどにスタッフにお問い合わせください。

また、糸が切れた、交換したい等のご要望にもお応えできます。

けん玉のことで困ったらまずはお問い合わせいただければと思います。

それではみんなでけん玉を楽しみましょう!

 

 

こちらでも同様のことを書いていますので参考にしてください。

初めてのけん玉。ファーストけん玉を購入するときに注意する4つのこと。

 

大晴はこちら

山形工房の新しいけん玉、福祉用けん玉「大晴(たいせい)」がアツイ!